三部合同学習会

福島市職労三部合同学習会は、2010年2月24日に飯坂温泉「ホテル聚楽」で開催され、現業協・女性部・青年部の幹事が結集し、青年部からは17名が参加しました。
始めに三部代表の挨拶があり、それぞれが抱える諸問題や今後のたたかいの強化及び取り組みについての提起がありました。

三部合同学習会 講演では、今野泰福島市職労執行委員長より「労働組合の実態と今後に向けて」をテーマに、2012年の人事院勧告廃止に伴う市職労の方針と課題についての講義を受けました。また、八巻由美福島市職労書記次長から、春闘を取り巻く情勢、春闘方針を交えながら、各補助機関における役割について講演をいただきました。

さらに、各部の現状・課題報告や、三部混合で行われた分散会では、それぞれの職場が抱える問題や不安等を話し合い、意見を述べ分かち合うことで、課題解決に向けより一層の団結・連携が必要であることを確認し合いました。

学習会を通し、職種・性別・年代を越えた交流と討論を活発に行うなかでたたかう意思を再確認しましたが、全幹事の参加が得られず、取り組みの全体化の点では今後の課題となりました。

コメントは受け付けていません。